南国フルーツの歴史

南国フルーツは、創業から約90年 日本の南国、九州を舞台に成長してきました。

昭和5年、小さな青果店から始まりデパートへの出店や卸売業と業務を拡大し、現在では生産から卸売、小売や飲食、通販に渡るまでフルーツに関わること全てに携わっています。

これからもおいしいフルーツを追求し、生産者の情熱やこだわりを発信し続けます。

コンセプト

『フルーツを、もっとおいしく。』

おいしくないフルーツは売りません。

フルーツをいかにベストな状態で市場に出し、消費者に届けるか。

生産者と対話を重ね、温度管理等、技術革新を繰り返し、
徹底的にフルーツのおいしさを追求します。