果物の女王♡マンゴスチンの季節です🌹

果物の女王♡マンゴスチンの季節です🌹

| 五反田真生

こんにちは!

 

旬の時期にしか出回らず、日本では栽培されていないようで、あまり馴染みはないかもしれませんが、「果物の女王」とも呼ばれるその魅力…♡

今日は、今が旬の『マンゴスチン』をご紹介します❣

私も好きなトロピカルフルーツの1つです♪

 >>商品ページはこちら<<

 

***目次***************

◆ マンゴスチン とは?

◆ どんな味?!実食♡

◆ 食べ頃の見分け方や食べ方

◆ 傷んでいる?!これ、大丈夫?

◆ 保存方法

********************

 

◆ マンゴスチン とは?

 マレー半島を中心に東南アジアでは古くから栽培されており、現在では、フィリピンやタイなど熱帯・亜熱帯地域で栽培が行われています。

日本への輸入も、タイ産のものが多いです。

珍しいのは、マンゴスチンには品種がない!という事。

雌だけで繁殖できる「単為生殖」が可能な植物で、発見されたときから何世代も雌のクローンが生まれ続けていて個別の品種はありません。

また、果実が実るようになるまで10年以上の月日がかかるのだとか。

とても繊細ですね♡

ちなみに、2003年より、タイ産の生鮮マンゴスチンが輸入できるようになりました。以前は冷凍ものが1年中流通していましたが、生のマンゴスチンは、5~7月あたりが出回り期。今がちょうどピーク頃です🐌

 

◆ どんな味?!実食♡

 

これは、買って帰ったマンゴスチン!

手でむいて食べました~!

剥くときに、少し果肉をつぶしてしまいましたが、

綺麗な真っ白でプルンとした果肉!綺麗に皮から外れます。

マンゴスチン

(マンゴスチンを押し潰すように割ると、私よりうまく剥けると思います!)

独特の甘さがあり、ジューシーで!上品な香りと、甘酸っぱさが爽やかさを醸し出します。

 

果肉の大きさに差があるのが分かるかと思いますが、この大きなところには、種が入っています!

この種の周りは、ヌルッとしていて、このヌルヌルをはがして種だけ綺麗に出したいな~と、口の中でモゾモゾするのですが、多分これは無理です(笑)

最終的にいつも諦めます。

 

ちなみに、この皮から出る真っ赤な液体で、剥いた手は血が出たかのように赤くなります!!

服などにつくと取れませんので、お気を付けください。 



◆ 食べ頃の見分け方や食べ方

 マンゴスチンは現地では、完熟する少し前の段階で収穫されます。

輸送中に追熟し、お客様の手元に届くころ、完熟期を迎えます。

こちらの写真をご覧ください!

右奥の1玉が、他の2玉と比べて少し黒っぽいですよね!

追熟具合に比例して、皮の色が

薄黄緑色から→ピンク色→赤紫色→濃紫色と変化してきます。

赤紫色や濃紫色になると食べ頃。

表面の硬さは、食べごろの時は手で剥けるほどの柔らかさですが、日にちを過ぎたり乾燥するとカチコチになってしまします。

 

◆ 傷んでいる?!これ、大丈夫?

私も今シーズン、マンゴスチンは10個ほど食べてみました!!(笑)

が、その中には、見た目では分からず、腐っているものもありました…💦

 

見分ける方法は、皮が柔らかいもの、色が濃いもの、ヘタが緑色のものがよりよい、といわれます。

が、個人の感想ですが、

はっきり言ってしまうと、見た目で100%は判別がつかない…というのが正直なところです。

 

皮は、柔らかいのがより良いです!が、柔らかいものでも、中が腐っているものもありました。

逆に皮が硬くても、美味しく食べられるものもあります。

もちろん、皮がかたくて、中が腐っているものもありました。

腐っているものは、皮から綺麗にはずれにくい傾向にあります。

 

みなさまにより良い状態で、美味しさを味わっていただきたい、お楽しみいただきたい、という想いの中、こういった【個体差】や、【外から分からない傷み】については本当に、フルーツ屋さんをしながら、一番難しさを感じるところです…

 

弊社では、検品の際、目視やにおいでの異常がないか、と、皮の硬さを基準に出荷いたします。

もし、割ってみて、腐っているものがございましたら、お写真を添えてご連絡ください!!きちんと保証させていただきます。

 

◆ 保存方法

野菜室・冷蔵庫で保管しますが、乾燥すると皮がかたくなってしまいます!

湿らせた新聞紙でくるむなどしてください。

← 過去の記事 新しい記事 →

コメントする